FC2ブログ
XJR1300とYZF-R1の走行記
所有バイクXJR1300とYZF-R1の走行記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'12年10月8日(月) XJR1300走行記 -京都府美山ツーリグ-
'12年10月8日(月)体育の日
京都美山までのツーリング。
使用バイクはXJR1300。
参加バイクは記憶が曖昧なので省略。
R2、太子竜野バイパス、姫路バイパス、加古川バイパを走り明石西ICで一般道に降りて六文一交差点の角のコンビニの集合場所へ。
ここで今回ツーリングに参加するバイクと合流。
県道378号、514号を北東に走り、三木市でR175に入り北上。一気に西脇市まで走り、上戸田交差点を東へ折れる。
県道566号、294号から県道36号西脇篠山線を北東に走り篠山市でR176へ入り北上。
丹南橋三差路を東へ入り県道97号丹南三和線を北東に走り京都府へ。
R9にぶつかると東に折れ2km弱東へ走り府道26号丹波三和線に入る。
道なりに走りJR山陰本線下山駅前を通りR27へ。
R27を北上し市場で府道12号綾部宮島線を東へ走りR162に入り東へ。
安掛で府道38号京都広河原美山線に入り目的地の美山町北集落へ到着。
茅葺き民家を散策して帰路へ。
府道38号京都広河原美山線をR162まで戻り、府道19号園部平屋線に入り南下。園部でR477に入り横田で府道54号園部能勢線に入り南西に走りR372へ。
R372を西へ走り加東市社でR175に入り南下。小野市市場東で県道18号に入り加古川沿いに加古川市街へ。
加古川で加古川バイパスに入り、姫路バイパス、太子竜野バイパス、R2と走り帰宅。

XJR1300本日の走行距離342.9km
R1走行記-車検のためショップ往復-('12.9.9(日)往路、9.16(日)復路)
早いものでそんなに走ってないのにYZF-R1(以下R1)の車検の時期がやって来ました。
前回、前々回の車検時期はR1の車検が切れてから気づいて取りに来て貰いましたが、今回は早めに対処しようと思っていたので、車検が切れる前に対応。ショップまでR1を自走させて持って行きました。
行きにボート免許の更新手続きも済ませたいのでR250で姫路まで行く事に決定。
【往路】
ガレージから相生市内のR250に入り東へ。途中たつの市の御津でマリーナによってボート免許の更新手続きを行い。その後さらにR250を東へ、広畑から飾磨に入り北上、姫路バイパス中地ICを越えてR2東行きまで北上。R2沿いのバイク屋パドック姫路店に到着。
1週間後にR1を取りに来る予定でR1を預け、JRで帰宅。
【復路】
1週間後の16日(日)。午前中は予想外の雨でこの日の引き取りは無理かと思ってると、午後からは天気が回復。予定どおりにR1を引き取りに行く事にしました。
持っていった時とは逆に、JRで姫路まで行き、ショップへ。車検上がりのR1を無事引き取り完了。
車検費用は、なんと前回車検から2000kmも走ってなくて、「何もしなくて良いです。」と言ったためか、本当に何もしない状態だったので費用が43,000円。安く済みました。
帰りは途中バイクパーツの店でグローブを買ってから姫路バイパス、太子竜野バイパス、R2を走って帰宅。

ショップ往復の走行距離 62.1km。
XJR1300、YZF-R1の真夏の近所を走行
この夏は7月16日(月)だけの走りと成りました。それも近所。
言い訳的には「今年は残暑が厳しくなかなかXJR1300にもYZF-R1にも乗る気分になりませんでした。」としときます。
兵庫県相生から東へ走り揖保川町で県道441号中島揖保川線から県道442号岩見揖保川線でR250に合流。岩見からR250を西に走ります。相生市に入りR250からホテル万葉岬へ向かい。ホテル万葉岬でターンして再びR250を使ってガレージへ戻るいつものパターンでXJR1300、YZF-R1共同じコースを走行。

本日の走行距離 XJR1300 、YZF-R1 共29km
6月3日(日) XJR1300走行記- 福井三方五湖ツーリング-
6月3日(日)。朝起きる小雨。天気予報では雨も上がると言ってたので、ツーリングのリーダーから連絡が有り、この日のツーリングは決行となりました。
しかし、自宅を出る頃には弱い雨、念のためレインウェアを着てXJR1300で出発。
1次集合場所は9:15に山陽道龍野ICの上り入り口。R2を東に走り揖保川大橋を渡って揖保川沿いに北上して少し山陽道龍野ICの上り入り口に到着。
この頃には雨も上がってたので少し早めだったので待機中にレインウェアを脱いでたら、ZRX1200SとZRX1100Rが到着。
ここで3台揃って2次集合場所の山陽道白鳥PAへ。ここでロイヤル・スター、CB1000SF BIG1と合流し山陽道三木小野ICまで山陽道を東に走ります。
山陽道三木小野ICで高速を降り、R175を北上。小野市に入り浄谷町のサンクスでBROS(プロダクト・1)と合流して今回の参加メンバーが揃う。
しばし休憩後R175を北上して西脇市へ。寺内北交差点で東に折れて県道36号西脇篠山線に入ります。日本へそ公園(東経135度北緯35度にある公園)をかすめて走り篠山へ。
篠山で県道97号丹南三和線に入り北上。京都府福知山市に入り菟原でR9に入り東へ少し走ったらすぐに府道26号丹波三和線に入りR173へ。R173をしばし南下。府道447号上野水原線、再び府道26号丹波三和線に入り下山でR27に入って北上。
京丹波町で府道12号綾部宮島線に入り東へ。静原でR162に入り北上。福井県に入り道の駅名田庄で休憩。
休憩後R162堀越街道を小浜、さらに小浜を抜けて海沿いにR162を走り、三方湖にぶつかる島の内で県道216号に入り北上。三方五湖レインボーライン入り口付近の店で遅い昼食。
鰻を食べるメンバーも居たが、福井に来たらな名物「ソースカツ丼」の大盛りを注文。
昼食後は三方五湖レインボーラインに入り第一駐車場で休憩。休憩後は三方五湖レインボーラインを日向ゲートまで走り県道244号からR27に入り小浜方面に走る。
小浜ICから舞鶴若狭自動車道に入り南下。吉川Jctから中国道を東に走り神戸Jctから山陽道に入り西へ。山陽姫路東ICでBROSと別れ、山陽姫路西でCB1000SFと別れ残りのメンバーでさらに西へ。
龍野西ICでロイヤル・スターと別れ料金所を出た所でZRX1200SとZRX1100Rと別れてR2に出て帰宅。

XJR1300本日の走行距離498.8km
'12.5.13(日)R1鳥取大山ツーリング
5月13日(日)雨とかで比較的寒い日曜と成ったが天気は良好。
今年最初のいつものメンバーによるツーリングは鳥取県の大山へ蕎麦を食べに行くツーリング。
天気予報では朝の気温は低目だが昼は20℃付近まで気温が上がると聞いたが、案外天気予報も外れて気温ももう少し上がると思いこの日はメシュジャケットでツーリングに参加。
しかし、結局気温も最高で23℃止まりとなり寒いツーリングと成りました。

ここでの参加バイクは、ZRX1200S、CBR1000RR、KR250、TW200とYZF-R1。
9時に兵庫県上郡のあゆみ橋の西にあるコンビニに集合して、9時過ぎに集合場所を出発。
R373を千種川沿いに北上。上月三差路でR179に入り西へ。岡山県に入り作東ICから中国道に入り西へ。勝央SAで最初の休憩。ここでBROS(PRODUCT ONE)と合流。
休憩後は中国道、米子道を走り蒜山SAで2度目の休憩。案外バイクが少ないと思いながら蒜山SAを出発して溝口ICで米子道を降りる。
大山寺から北へ走る県道30号は途中通行止めのため、回りこむようなルートで走ることに。
県道45号倉吉江府溝口線を大山方面に走り、岩立で県道52号、県道36号名和岸本線、県道36号、県道314号赤松大山線から県道30号に入り。目的地の手打ち蕎麦、大山「遊登里庵」に到着。
ここでは蕎麦御膳1,600円を注文(先付け、蕎麦、天麩羅盛合せ、炊き込みご飯)。
昼食後は、あごカツカレーを食べに行くと事となる。
県道30号赤崎大山線を北上して赤崎でR9に合流。R9を東に走り八橋のR9沿いにあるレストラン「グレイン」に到着。
あご(トビウオ)カツカレー。650円を注文。
はっきり言ってあごは練り物を揚げたもので期待はずれ、味も少々お粗末。自分には合いませんでした。
食事後はR9と山陰道で鳥取へ。鳥取市街でR29に入り南下。服部三差路で鳥取自動車道に入り一気に南下して岡山県へ。志戸坂峠道路からR373、大原から佐用平福まで再び鳥取自動車道を走る。
ここでBROS(PRODUCT ONE)と別れて残りはR373に降りて佐用へ。上町交差点でR179に入り南下。JR姫新線播磨徳久駅駅前でZRX1200S、KR250、TW200と別れてR179を東へ。
県道28号上郡末広線に入り南下。播磨科学公園都市内を抜けて、テクノ中央で県道44号相生宍粟線播磨テクノラインを南下してそのままR2へ。ここでCBR1000RRと別れて、R2を東へ走り帰宅。

本日のR1走行距離 342.7km

大山「遊登里庵」
〒689-3316
鳥取県西伯郡大山町豊房香取2051-104
TEL /FAX 0859-53-8378
蕎麦営業11:30~14:00
定休日:水曜日

レストラン 「グレイン」
鳥取県東伯郡琴浦町八橋392-2
TEL 0858-52-1211
営業時間
【平日】11:00~16:00/17:30~22:00
【土、日、祝】9:00~16:00/17:30~22:00 
定休日:水曜(祝日の場合営業)
copyright © 2018 XJR1300とYZF-R1の走行記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。